ワンピース ルル&タイルストン | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言メッセージも送れます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンピース ルル&タイルストン

『ワンピースの館』をご利用している方、こんにちは。
ドッター担当の坂下ナオです。楽しんでいただけてますでしょうか。

今回から、ウォーターセブン編のキャラクター補完になります。というわけで、ルルとタイルストンです。もっとも、制作時期としては彼らの紹介が最初に来てもおかしくないのですが…。

ルル
タイルストン

第1回目の解説がコイツラって、あまりにも地味すぎるだろ。
ってことで、初回は華のあるビビになりました。

船大工の中でも影が薄かった彼らですが、それでも一発の個性を持たせているのは、さすが尾田先生といった感じでしょうか。ルルには寝ぐせという特徴があり、またタイルストンは原作だけだとよくわからなかったのですが、「声がでかい」という特徴があるそうです。アニメの公式ページを見て初めて知ったよ。

それに、実際に描いてみるとわかることも結構あります。ルルの体に文様があったり、タイルストンには船の刺青があったり、見るだけだと普通なのですが、デザインするとなると、こうなっているのかと改めて思い直しましたね。

2人はスタイルが対照的です。ルルは細身なので、ドットの幅がせまく、顔や模様の再現がとても大変だった覚えが。小さいドットは描きやすいのではと思いがちですが、そうでもありません。細部表現が難しいので逆に作りにくかったりします。

反面、タイルストンは大きいので描きやすい。字を入れる時などは、どうやったらその漢字に見えるかを調整したりして楽しかったです。あとヒゲ。横にドットがまっすぐ走ってる。こういう部分が作れるとドット絵はときめくんですよねえ。万歳。

今回は、こんなとこでしょうか。

スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2013/08/21 00:15 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。