【イラスト】【ドット絵】ツクール用のドット絵を作りました【デフォルメ】 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

創作漫画やイラスト、自作ゲームの話題を中心とした坂下ナオヒラのブログです。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

【イラスト】【ドット絵】ツクール用のドット絵を作りました【デフォルメ】

皆様こんにちは。フリー絵師の坂下ナオヒラです。

1ヶ月ほど前、私にイラスト作成のご依頼が入り、ドット絵を制作しました。

ゲーム内容は女神転生シリーズの二次創作作品となるそうで、RPGツクールMVで制作中だそうです。今回はそのシリーズの1つである主人公キャラ(名前はない)のデフォルメ画と、歩行グラフィックを制作させていただきました。

制作終了後、ブログ掲載の許可をいただけたので、内容について支障のない範囲で記事にしたいと思います(画像の利用はご遠慮ください)。


○お仕事について


今回の内容は、リアル等身のキャラクターを私の画風でデフォルメし、さらにドット絵にして一枚絵を制作するというものでした。

前の記事にも書きましたが、デフォルメキャラを作るのに大切なことは元のキャラクターがどういうデザインをしているかを正確に把握することです。そのため、まず行ったことは参考となる資料をいくつか模写して、目と手にキャラクターのかたちを覚えさせます。その後、自分なりに上手く特徴を取り出してデフォルメ化します。

メガテン_1
練習・ラフ画の一部(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

ここまでデザインが固まってしまえば、後は好きなポーズを作って完成です。

次に、このイラストをドット絵に描き起こします。

ドット絵制作ソフトにラフ画を読み込み、これを下絵としてポチポチとドットを置いていきます。ドットの線画ができたら、色を付けて細部を作りこんで終了となります。

メガテン_立ち_01メガテン_立ち_ブログ用

ドット絵イラスト本稿(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

次に、ゲームで動かすための歩行グラフィックの制作です。これも同じようにデフォルメして、アタリをつけてドット絵にします。前横後ろがそれぞれ必要になるので、まずは基本となる立ち絵3枚を制作します。

メガテン_歩き_横_ブログ用
ドット絵イラスト本稿(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

次に、アニメーションさせるために、手足の位置を微妙に変えた差分を作ります。あとはこれが綺麗に動くように試行錯誤して完成です。

余談になりますが、今回キャラの動きを確認するためにEDGE2のアニメーション機能を始めて使いました。

しかし、これの使い方がまた非常に難しく、最初のうちは使い方が全くわかりませんでした。ページ機能を使ったらいきなり白紙になっちゃうし、キャプチャフレームを使ったら何故かアニメしてくれないし、キャラ制作よりもこっちに時間がかかってしまいました。

最終的には何とか理解できましたが、感覚的な操作がきかないので、EDGEにしては初心者にやさしくない機能だなと思いました。特にフレームを横一列に並べた画像(ゲームのドット絵画像でキャラがずらっと並んでいるアレです)を作って読み込むというのが、どうしても馴染めないというか、私には理解ができませんでした。

アニメのセル画作成みたいに、現在の表示レイヤを一枚一枚カメラに焼き付けて保存できるようなシステムがあれば、とてもとっつきやすくて良いと思うのですが……。

ともあれ、無事に期限内に制作できました。


○まとめ


ドット絵のアニメーションを作ったのは初めてだったので、私も良い勉強になりました。ご依頼どうもありがとうございました。

ゲームは現在制作中ということで、無事に完成してくれると嬉しいですね。

坂下ナオヒラ
【イラスト】【ドット絵】【デフォルメ】
スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2016/07/20 18:36 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラの作品
りんといっしょ!
~坂下ナオヒラ漫画作品集~
<無料版>

りんといっしょ!~坂下ナオヒラ漫画作品集~

ロボットダンジョン
~ロボダン~



くれちさんからちがでてる
<イベント頒布のみ>


ちひろとアスカ
<イベント頒布のみ>
坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック