オリジナルの漫画作品集 表紙を作りました | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

創作漫画やイラスト、自作ゲームの話題を中心とした坂下ナオヒラのブログです。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言メッセージも送れます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オリジナルの漫画作品集 表紙を作りました

皆様、こんにちは。坂下ナオです。

この度販売する4コマ漫画作品集の表紙が、ついに描き上がりました。

ブログでラフ画を公開した後から、ツイッターでは制作状況をちょくちょく報告していたのですが、ブログのほうではいつも長文になってしまって、記事を作っただけ制作が遅れてしまうと考えたので、あえて載せませんでした(だいたい未完成のイラストなんてアップロードしたって仕様がないし。少なくとも私はそう考えています)。

そして完成した絵がこちらです(表示されない人はpixivでご覧ください)。


前にもお話ししましたが、描かれているキャラクターは今回の漫画に登場するメインキャラクターです。どれも白黒漫画なので自分の中での色指定が曖昧な部分もあり、それも考えながら塗っていきました。ラフ画から想像したみなさんのイメージとは合っていましたでしょうか。

また、実のところ、私がこのような「本の表紙を意識した集合イラスト」を最後まで完成させることができたのは、今回が初めてになります。キャラクターを一人ずつ丁寧に描いていったり、背景の模様を考えたり、タイトルのフォントを作ったりといった作業は、どれも大変な工程で、また作業中に、あまりのファイルの重さに、途中でフォトショップがフリーズして何回かやり直す羽目にもなりました

それに、このイラストを完成させたとき「ああ、私もついにこれだけのものを自力で作れるようになったんだなあ」と、とても感慨深く思いました。というのも、グループに所属していたとき、私の周りには本当に才能溢れる人達が大勢いて、その凄まじい画力やセンスとともにどんどん活躍・プロ化していく様子を、私も目の当たりにしていたからです。絵の下手さ加減から重用もされず、1人落ちこぼれ状態だった(と私は考えています)私は、昔から今まで、自分のペースでコツコツと努力していくしかありませんでした。あれから数年、まだ全然追いついていませんし、むしろ突き放されているのかもしれませんが、それでも昔の私にはとても作れなかったと思いますし、こうして目に見えるかたちで自分の成長具合が感じられたことは、とても嬉しく思いました。ありていな表現ですが、継続は力なりといった感じでしょうか。

さて、肝心の中身の紹介です。

まずは「坂下ナオのオリジナル4コマ漫画作品」です。初めて描いた処女作から、最新の漫画作品まで、私が過去5年間に制作した漫画作品をほぼ全てこれにまとめました。その数は全部で12本。ページ数は、約100ページとなります。ジャンルは全てオリジナル作品です。二次創作作品は収録していません。

ストーリーはどれも、私らしい(?)かわいい話が中心となります。当然全年齢対象です。後で内容のサンプルも用意できればと思いますが、私のpixivにいくつか漫画が上がっていますので(かなり古い作品ですが)、気になる人はそちらをご覧いただければと思います。

あとは、後書きのコーナーにおいて「私が実際に出版社へ漫画の持ち込みに行ったときの体験レポート」も載せています。果たして書いて大丈夫なのかなという思いもあり、出版社に確認をしてみたのですが、無事にOKをもらうことができました。思い切って尋ねてみるものですね。許可を出してくださった担当編集者さん、本当にありがとうございました。いつもお世話になります。

現在は、残りの写植(漫画に字を入れること)を終わらせたり、台割(本の構成)を再確認したりといった、まとめの作業に入っています。作品集の発売は、この作業が終了次第ということになりますが、おそらく3月終わり~4月初め頃になるのではないかと思います。

それでは、僭越ながら楽しみに待っていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

坂下ナオ


【漫画】【4コマ】【4コマ漫画】【イラスト】
スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2016/03/24 23:13 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。