【イラスト】【似顔絵】イラスト一枚絵制作のお仕事を引き受けました【キャラクターデザイン】 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

【イラスト】【似顔絵】イラスト一枚絵制作のお仕事を引き受けました【キャラクターデザイン】

当ブログをご覧の皆様、こんにちは。
現在フリーランスでイラスト・ドット絵・漫画活動をしています、坂下ナオです。

先月、個人の方からご依頼をいただき、イラストを制作するお仕事をさせていただきました。内容は、ご本人様の似顔絵を描き、それを私の画風でアレンジしてキャラクターとして登場させ、背景も含めて一枚のイラストに仕上げるというものでした。今回は、依頼主様からの許可をいただき、作業の内容について問題のない範囲で書いていきたいと思います。具体的には、他の人も気になるであろう、実際に行った制作の手順についての話です。

○お仕事について
イラストのご依頼というと、「制作者に要望を伝えて、後は完成するまで待つ」という流れのみを想像する方が多いかもしれません。もちろんそういった形式でイラストを手がける方もいらっしゃいますし、来るご依頼にもそのような考えを持った方が多いのですが、私の場合はいつもこの時点でひと手間置くことをしています。

具体的には、いきなりラフ画や本稿に取り掛かるのではなく、まずはキャラクターデザインを作ります。そして、このデザインを一度依頼主に見せ、これでOKが出た場合に初めてラフ画作りを開始します。

ここでいうキャラクターデザインとは、一種の落書きのようなものになります。ご提供いただいた写真などの画像から、私なりのアレンジを施したキャラを描き、さらに脳内にあるイメージを膨らませながら、そのキャラクターの性格や喜怒哀楽、予想される場面などを描き、キャラクターのデザインを固めていきます。たとえば、ご飯を食べているシーンだったり、そのキャラが言いそうなセリフを添えてみたり。笑っている絵を描いたなら「なぜ笑っているのか」、服を着せたなら「なぜその服を着ているのか」など、キャラクターを描きながら背景描写をどんどん膨らませていきます。

仮デザイン落書き_2
今回のキャラクターデザインの一部(※許可を得て掲載しています)

「なぜ一回こっきりでの、描いたら終わりのイラストでそこまでする必要があるのか」と思う方がいるかもしれませんので、理由を説明します。まずは、この作業を繰り返すことで、自分の中でデザインを固めることができ、絵が上手くなっていきます。次に、周囲をとりまく設定を丁寧に想像することで、そのキャラクターに命が宿り、生き生きとしたイラストを描くことができます。

そして最も重要なのは、本稿の前にこのやり取りをしておくことで、描き手と依頼主とのイメージのギャップを埋めることができる点です。つまり、依頼主様からの絵の修正要望やリテイク(1から全て描き直すこと)を減らすことができます。

ピクシブ等でイラストのリクエストをしたとき、また本職の場合でもそうですが、作られたイラストが「何かしっくりこない」と言われてしまうのは良くあることです。描いた側は「言われたとおりに作ったのに」と思いますし、依頼する側は「言ったとおりのものがなぜ作れない」と思いがちです。しかし、そもそもお互いが頭の中で抱いているイメージが違うのですから食い違いが起こるのは当たり前です。一度作ったイラストを修正・破棄するというのは、クリエイターにとっては大変辛いことです。その後のモチベーションにも繋がりますし、私においてはどの作業を行うにしても必須の工程だと考えています。

ただし、このやり方にも欠点があります。確かに致命的なミスは減らすことができますが、どうしてもやり取りが長くなる分、イラストの完成が遅れがちになります。ただイラスト一枚描けば終わりという作業に、デザインまできっちり作ると言っているわけですから、納期が遅れるのは当たり前と言えば当たり前なのですが、やはり申し訳ない点ではあります。ただしその分、今回で言えば、ラフ画は一発OK、本稿は一度の修正のみで済ますことができましたので、行き当たりばったりで描いてリテイクを受けるよりは結果的には早かったのではないか、と思っています。

○まとめ
出来上がったイラストは個人様を描いたものなので、サイトに掲載はしませんが、イメージは私の画風にあるような可愛く元気で、ややデフォルメがかった感じに仕上がりました。依頼主さんも完成したイラストを見て、大変喜んでくださいました。ありがとうございます。

それでは、今回の記事がご依頼を検討されている方の参考になれば幸いです。何か必要な要件がありましたら、作業内容とともにご相談くださればと思います。

今後とも、坂下ナオをよろしくお願いいたします。

坂下ナオ


【イラスト】
【似顔絵】
【キャラクターデザイン】

スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2015/08/17 02:46 ] イラスト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック