ワンピース ドット絵 格闘大会(コロシアム)のキャラクターたち その1 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言メッセージも送れます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンピース ドット絵 格闘大会(コロシアム)のキャラクターたち その1

当ブログ、及び『ワンピースの館』をご覧の皆様、こんにちは。
キャラクターの絵を作らせていただいています、坂下ナオです。

今回は、ドレスローザ編での格闘大会(コロシアム)に登場した、個性豊かなキャラクターたちを集めてみました。

サイブーケリーファンクボビーファンクジャン・アンゴイデオハイルディン

なお、原作での主な戦闘描写は「Bブロック」から始まっていますが、先に何となく書きやすそうな気のする、ルフィが出場した「Cブロック」について書きたいと思います。

○ストーリーについて
コミックスで話を読んでいたときに思ったことは、「これはこれで楽しいけれど、中だるみの危機なのでは」ということでした。

他の漫画作品でもそうですが、大会やトーナメント形式のお話はひとつひとつの戦いを丁寧に描けるためキャラごとの見せ場を作りやすく、また「全ての試合が終わるまでは話を長引かせることができる」という利点があるように感じます。

しかし裏を返せば、「全ての試合が終わるまでひたすら戦いが続いていくことが確定する」ということでもあり、読んでいてだれてしまうことにもなりがちです。

そしてそれは作品を作る側も例外ではなく、途中で描くことに飽きてしまう可能性があります。

ただでさえ飽きっぽい性格であるクリエイターが、全てのトーナメント戦を一律に描くというのは相当の覚悟がないとできないことだと思います。しかし、さすがは尾田先生。そのあたりの問題は途中で別のキャラクターに焦点をあてて場面を切り替えたり、強力な広範囲技で一気に試合を終わらせるという、よくある、展開で補ってくれます。まさに読者の杞憂ってやつでしたね。

さて、話をストーリーのほうに戻します。ルフィが「変なやつばかりいた」というように、クセのあるキャラクターが多く登場するコロシアム。人によって好きなキャラも分かれていると思いますが、その中で私のお気に入りなのは「ジャン・アンゴ(追い剥ぎのジャン)」です(右から3番目のキャラ)。

…好きな人はあまりいないかもしれません。ただ見た目が何となくシュールでおかしいのと、姑息な戦い方が自分の性に合っている感じがして親近感を覚えてしまいます。

あと、やられ方がまた小物くさいのが面白い。倒される前にピュアな目をしているのも笑える。その後のストーリーでも一切登場しない彼ですが、一体どこで何をしているのか気になるところです。

他のキャラについてだと、巨人のハイルディン。

「巨人族=かませ犬」の法則はそろそろ何とかならないのかなと(笑)

あと、イデオって「イデオン」が元ネタだったんですね。ロボットゲームを作ってる身なのに全然気がつきませんでした。


○ドット絵について
登場するキャラクターにやたら複雑なデザインや人外な体系が多いため、描くのがとても大変だった気がします。

製作時は「どうせ一発キャラなのに何でここまで手間暇かかるのか」と思いながら作っていましたが、後の展開を読んでびっくりしたのは言うまでもありません。もっと力を入れて作るべきだったかも(笑)

イデオのドット絵は、自分なりにしっくり来なくて、何度もパースの位置を調整したり描き直しをしたりしていました。今でも納得できてません。また、ジャン・アンゴのドット絵も気にしているところがあって、このキャラは普段から眉を潜めるような表情をしているのですが、帽子を深くかぶっていることと、目の部分が小さいことによって再現が難しく、ぱっと見「白目」のように見えてしまうことがあります。ドットを拡大するとちゃんと目があることがわかると思うのですが、上手い再現ができずにこのままとなりました。それ以外の部分は綺麗にできていると思うんですけどね。

絵的にお気に入りなのはハイルディンでしょうか。このサイズで描いたにしては巨大な感じが出せたかなと思います。

他にもこのコロシアム編には、後の主要人物となるキャベンディッシュやバルトロメオなどが出てきますが、このブロックには出場していないのであえて触れていません。今度同じテーマで取り上げる機会があればまたその時に書いてみたいと思います。


【ドット絵】
【ワンピース】
【ワンピースの館】

スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2015/03/07 16:42 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。