ワンピース ドット絵 小人族のトンタッタ族たち(レオ、ウィッカなど) | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言メッセージも送れます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンピース ドット絵 小人族のトンタッタ族たち(レオ、ウィッカなど)

皆様こんにちは。ファンサイト『ワンピースの館』にてドット絵制作をさせていただいています、坂下ナオです。

今回は小人族であるトンタッタ族たちのドット絵が溜まってきましたので、感想を交えながら記事を書いてみたいと思います。

レオウィッカガンチョカブビアン

○キャラクターやストーリーについて
最初に小人族が登場したときは、特に何の感想もなく読み進めているだけでした。しかし、それがモンブラン・クリケットの過去話に繋がっていたということを知ると、改めて物語の深みを感じることができました。

この記事を描いている時点では75巻まで出ているわけですが、その中ではやはりシュガーとの戦いの場面は熱かったですね。特にウソップの戦いが熱かった!!(またウソップの話か)

この戦いは間違いなく私の好きな戦闘シーンのひとつになるでしょう。あっさりやられた小人族たちを見て、ウソップは1回逃げてしまいます。しかし、彼らへの想いを無下にすることは出来ず、勝ち目がないとわかっても戻って来てしまいます。

話の流れからウソップが必ず戻ってくるだろうことは予想できるわけですが、「わかりますがそれが何か?」という感じに王道的展開を持ってきて堂々と描ききっちゃうのは、さすがは大御所のワンピースだなという思いです。

そしてそして、案の定ボロボロになってやられてるウソップですよ!
ウソップも泣いていたけど私も泣いたよ!!


シュガーの無慈悲な「死になさい」のセリフが、私の涙腺にもとどめを刺してくれました。まあ、あとの展開は皆さんも知ってのことだと思いますが…。

ところでこれ、誰についてのお話でしたっけ?

○ドット絵について
小人族は小サイズであるため、ドット絵のサイズも普段より小さい48ドットで制作してみました。ドット絵は大きさが小さくなればなるほど制作時間を短くできます。でも同時に表現方法に苦労する事になるので、一概に楽というわけではないです。複雑なデザインである場合、細かい部分が潰れてしまって、かえって大きなサイズより作るのが難しくなってしまうことがあります。幸いトンタッタ族の皆さんは服装もデザインもシンプルだったので、比較的早く出来上がった気がします。

また実際に描いてみて、後ろに何か丸いものがあったことに初めて気が付きました。「何だこれは?尻尾?」と疑問に思いながら作っていましたが、原作のSBSにてこれは尻尾であると解説されていましたね。読むだけだと全くわかりませんでした。注意力低すぎだろ自分。

それと、今回から色の作り方を変えてみました。今まで色を作るときは私の目視によって色のRGB値を調整し、ひとつずつ色を用意していたのですが、このドット絵からは既存のパレットに用意された基本色を参考にして、それに近い色に添って作りました。そのため原作中の色使いとは若干の違いがありますが、絵自体はとてもカラフルですっきりとしたデザインになっていると思います。


最後に、個人的にはB地区はありだったと思います、尾田先生。阻止されてしまったのは残念です。


【ドット絵】 【ワンピース】 【ワンピースの館】

スポンサーサイト

一言メッセージも送れます。

[ 2014/12/22 18:53 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。