2015年05月 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

創作漫画やイラスト、自作ゲームの話題を中心とした坂下ナオヒラのブログです。
2015 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 06

【イラスト】【ドット絵】格闘ゲームのキャラ制作を承りました【mugen】

当ブログをご覧の皆様、こんにちは。フリーランスで絵師の活動をしています坂下ナオです。

この度は、同人サークル「近過去ゲーム開発研究所」様からのご依頼を受け、格闘ゲーム「MUGEN」で動作する、キャラクターのドット絵素材を作らせていただきました。担当したキャラクターは「女神転生」シリーズの「セラフ」です。

seraf.png
(C)近過去ゲーム開発研究所/著作:株式会社アトラス
※仮塗りなので実際のキャラの色とは異なります。

○お仕事について

今回は用意された下絵(ラフ画)をもとにして、それをひとつずつドット絵に起こすという作業をさせていただきました。要は、2D格闘ゲームで使われる1コマを、必要な数だけ順に描いていったということです。格闘ゲームのドット絵制作は今までありそうでなかったので、とても新鮮な感覚で取り組むことができました。

しかし、格闘ゲームというジャンル上、手がける枚数がとても多く、しかもアニメーションであるために同じようなイラスト制作が連続して続くこともあり、飽きっぽい私にはなかなかきつい作業でした。キャラクターが綺麗な女性であったことが、モチベーションを維持する上でとても助かったと思います(笑)

ただしその分、出来上がってから実際にゲーム上で動くキャラクターを見たときは、深い感動を覚えることができました。過去にアニメサークルに所属していたときの、自分の手がけた作画が動くところをスクリーン上で初めて見たときのことを思い出しましたね。

それにしても、キャラの動きが速すぎて、瞬間的にしかイラストを見ることができないのが個人的にすごく残念です。せっかく一枚一枚のイラストを丁寧に作っていったのに、表示されるのは目で追えないくらいのほんの一瞬で、どうしてもそれにがっくり来てしまいます。キャラを動かしながら、つくづく「ギャラリーモードで全コマじっくりと鑑賞できたらいいのに~!」と思ってしまいます。

私がアニメ制作の過程でどうしても作画作りにのめり込むことができなかったのは、きっとこれが原因だろうと今になると思い返すことができます。アニメーターの方はそんな思いを通り越して「絵が動くこと」に興奮することができると言いますから、本当にすごいことだと思います。

○ドット絵について

たぶん作り方としてはいろいろな方法があると思うのですが、対象のイラストのサイズが大きかったため、ドット絵ツールではなく、SAIを使って制作しています。

作業していて楽しかったところは、脚の部分とマントですね。このキャラクターは、筋骨隆々で脚部がムチムチとしていますで、その様子が色っぽく艶っぽくもあり、描いていて楽しかったです。また「ストリートファイター」シリーズの春麗を思い出すようで懐かしくもありました。

マントを作るのが楽しかった理由は、単純に絵が大きかったからです。細かい部分を制作しているとどうしてもストレスが溜まっていきますが、この部分だけは豪快に描くことができますので、良い気晴らしになってくれました。

逆に、大変だったのは髪の毛や手足の制作、腹筋の表現です。髪と手は、その構造上どうしても細かく書き込まなければならないことが多く、またトンガリが多い。これはドット絵で表現するのが非常に難しいところです。このような部分は腕や脚のように1本線を引くというだけでは駄目で、中間色をたくさん置いて見た目を綺麗にしていかなければなりません(この作業をジャギ消しと言います)。上手くいかなれば何度もドットを打ち直すことになり、とても手間隙のかかる作業です。

また、腹筋を描くのは別の意味で大変でした。浮き出る筋肉をドットで表現するのも大変なのに、それぞれのポーズが違っているために様々な角度から腹筋のかたちを想像して描き分けなければなりませんでした。一応ラフ画には簡単なラインが引かれていましたが、それだけで補完するのは難しく、実際にイラストを作っているときは横手に人体解剖図の本を置いて、筋肉の構造を確認しながらどういう描き方が正しいのかを考えながら制作していました。もっとも、実際に動いてみると腹のかたちなんて全然気にならなかったのですが(笑)。まあ筋肉を勉強する良い機会になりました。

○まとめ

画像はまだ開発版であり、実際の製品化はもっと先のことになるとのことですが、もしもゲームが完成し、あなたの手元に合間見えることがありましたら、このお話とともに、ドット絵の一枚一枚に思いを馳せて頂ければ、作り手として大変嬉しく思います。

また、他の方も似たようなご依頼がありましたら、謹んでお受けいたしますので、作業内容とともにご相談くださればと思います。
今後ともお見知りおきを、よろしくお願いいたします。

坂下ナオ

【イラスト】
【ドット絵】
【ゲーム】


一言メッセージも送れます。

スポンサーサイト
[ 2015/05/14 02:31 ] ドット絵 | TB(0) | CM(1)
坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック