2014年01月 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言メッセージも送れます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンピースドット絵 Z(ゼット/ゼファー) アイン ビンズ

当ブログにお越しくださった皆様、明けましておめでとうございます。坂下ナオです。
今年も精一杯生きていく所存ですので、ご支援いただければ幸いです。

さて先日は地上波において、『ワンピース~フィルムZ~』が放送されていましたね。
それにかけて今回は過去の蔵出しで「Z」「アイン」「ビンズ」のドットを載せてみます。

Z.pngアインビンズ

○キャラクターやストーリーについて
私は尾田栄一郎先生が指揮する映画はあまり好きになれません。
なぜなら面白いからです。面白すぎて見ていてどんどん悔しくなってくるんですよ。
何かの作り手さんならこの感覚わかっていただけるでしょうか…。

ドットを作っていたときにはまだストーリーを知らず、公式ページのキャラデザと設定だけを参考に制作していました。
Zなんて初見ではただの変なオッサンにしか見えず、これが敵かよ~なんて思っていましたが、
実際に動いてみるとそれはもう「格好いい」わけです。
海軍との最後の戦闘シーンはもっと見たかったなあ。尺が許すならそれこそ「最期」まで見届けたかったですね。

他には紹介文だけを読んで、アインの「モドモドの実」は強すぎるだろうと思っていました。
相手を子供にできるんなら触った時点で勝ったも同然。なんと言うチート性能でしょうか…。

もっとも、実際はそうではありませんでした。

まず第1に子供になっても強い奴は強いってことです。
どうやら身体能力が落ちても培ってきた格闘のセンスが落ちるわけではないようです。
『ドラゴンボールGT』で少年の孫悟空が強いのと同じ理屈です。

第2に12の倍数でしか時を戻せないこと。つまり誰彼構わず赤ん坊にできるわけじゃない。
アインさんは「次に触れば存在が消える」なんて怖いこと言ってますが、
おそらくモドモドの能力にはある程度の「タメ」が必要で、連続で年齢を戻すことはできないのでしょう。できたらやってる。
もしくは受けた相手が一定時間悶えていましたから、反応が収まるまでは次を使えないということかもしれません。

そして極めつけは、本人がやられたらみんな元に戻ってしまうことです。
えー!それじゃあ使い手のほうも敵にやられないくらいに強くなければいけないってこと!?
そんなに強かったらモドモドなんて使う意味ないじゃん!普通に体術で圧倒できるだろ!
何て無駄が多い能力なんだ、モドモドの実ー!!




○ドット絵について
こだわりは「Z」の装備したメカの部分です。
デフォルメして収めるのがかなり面倒くさかったですが、ドットらしさと光沢がうまく出せた、私のお気に入りの一枚になったと思います。アインは、今見直してみるとあまり可愛く描けていない気がします。髪の色も濃い青でちょっと髪型がわかりにくいですね。

今回はこんなところでしょうか。
2014年度もいろいろな企画概要が現れては消えて行くと思います。
そんな私ですが、宜しくお願い申し上げます。

え?「ビンズ」さんについて?ノーコメント(語ることがない)です。


一言メッセージも送れます。

スポンサーサイト
[ 2014/01/22 01:07 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。