ドット絵 | 坂下ナオヒラが活動のブログ

坂下ナオヒラが活動のブログ

漫画やイラストやゲームの創作の話題を中心とした「坂下ナオヒラ」のブログです。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

【ワンピース】ドンキホーテ・ファミリーのドット絵を作りました【ドット絵】

皆様こんにちは。坂下ナオヒラです。

ご依頼を受けて毎月制作している『ONEPIECE』のドット絵シリーズ。

今回は、ドレスローザ編で登場した王家七武海・ドンキホーテ・ドフラミンゴ率いる、ドンキホーテファミリーたちのドット絵をまとめて掲載します。

○ドンキホーテ・ファミリー


ディアマンテトレーボルピーカセニョール・ピンクラオGジョーラ
マッハバイスグラディウスデリンジャーシュガーバッファローベビー5

ドフラミンゴ_幼年
ドフラミンゴは作っていないので、代わりに幼少期を載せておきます。

解説を読みたい人は「続きを読む」からお願いします。

【ドット絵】【ワンピース】【ONEPIECE】【哲学】

一言メッセージも送れます。

スポンサーサイト
[ 2016/11/24 18:49 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)

【ドット絵】MUGENのキャラクター素材を制作しました【同人ゲーム/格闘ゲーム】

当ブログをご覧の皆さま、こんにちは。坂下ナオヒラです。

この度は、同人サークル「近過去ゲーム開発研究所」様からのご依頼を受け、格闘ゲーム「MUGEN」での、キャラクター素材を作らせていただきました。

なお、私が担当したのはこれが2回目になります。

シアナ_サムネ用
発売をお楽しみに/(C)近過去ゲーム開発研究所

○お仕事について


今回も私のほうで線画のドット絵化作業と着色を担当しました。

今回制作したのは1アクション(4枚)のみとなります。前回の同じゲームの、新キャラのアクションの補足作業を行いました。

技術的なことについては前の記事にたくさん書きましたので、あまり特筆することもないですが、慣れもあったので順調に制作できました。


○余談


前回の依頼もそうですが、ご依頼をくださったのは外国人の方です。

それにも関わらず、すごく日本語が丁寧で、また私とのコミュケーションもしっかりとできているように思いました。

私は今までフリーの絵師として、様々な方のメールをいただきましたが、中には乱暴な言い方の人や、こちらの話が全く通じない人もいたりするので、ある意味で日本人よりも日本人らしいなと思いました。

私もやり取りしていてとても気持ちが良かったです。

それではご依頼いただき、どうもありがとうございました。

坂下ナオヒラ

【ドット絵】【イラスト】【MUGEN】【格闘ゲーム】【二次創作】【同人ゲーム】

一言メッセージも送れます。

[ 2016/09/08 04:18 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)

【ワンピース】CP9幼少期のドット絵を作りました【ドット絵】

皆様こんにちは。坂下ナオヒラです。

ご依頼を受けて定期的に制作している『ONEPIECE』のドット絵シリーズですが、この度は尾田栄一郎先生が「SBS」に描いた、CP9の幼少期のドット絵を制作させていただきました。

○CP9の幼少期


CP9まとめ
せっかくなので一枚絵にまとめてみました。/(C)ワンピースの館

子ども時代のイラストなので、サイズはいつもの絵よりも小さい48ドットです。

ブルーノなどの大きいキャラは一部64ドットで制作しています。スパンダムは彼自身は小さいですが、後ろの象がでかいので64フルサイズです。

なお、同じくクマドリも64ドットで制作していますが、これは私の勘違いです。48ドットのつもりが、完成した作品を見返したら64ドットでした。

気付けよ。

この中での個人的なお気に入りは、フクロウのドット絵です。上手くデフォルメができましたし、色使いも綺麗にできたと思います。普段人間ばかりを作っているので、鳩や象などの動物を作るのは楽しかったですね。


○余談


ずっと前の記事にも書きましたが、私はこのW7(ウォーターセブン)編のストーリーが大の苦手です……。

陰鬱な話が多いし、ウソップはズタボロにされるし、外道な奴らが多いしで、リアルタイムで読んでいるときは本当に悲しかったです。

今回ドット絵を作るにあたってコミックスの44巻を見返しましたが、やはり今でも抵抗感がありました。その面では、合間に動物を描けたことは良い息抜きになったと思います。

たぶん、このストーリー付近のキャラのドット絵を作ることはもうあんまりないと思うので(大半のキャラは私が描いたので)、これからは安心して制作ができそうです。

……?

…………あれ?

何でこんなところに「両さん」が!?

(今更)


坂下ナオヒラ
【ドット絵】【イラスト】【ワンピース】【ONEPIECE】


一言メッセージも送れます。

[ 2016/08/05 00:21 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)

【イラスト】【ドット絵】ツクール用のドット絵を作りました【デフォルメ】

皆様こんにちは。フリー絵師の坂下ナオヒラです。

1ヶ月ほど前、私にイラスト作成のご依頼が入り、ドット絵を制作しました。

ゲーム内容は女神転生シリーズの二次創作作品となるそうで、RPGツクールMVで制作中だそうです。今回はそのシリーズの1つである主人公キャラ(名前はない)のデフォルメ画と、歩行グラフィックを制作させていただきました。

制作終了後、ブログ掲載の許可をいただけたので、内容について支障のない範囲で記事にしたいと思います(画像の利用はご遠慮ください)。


○お仕事について


今回の内容は、リアル等身のキャラクターを私の画風でデフォルメし、さらにドット絵にして一枚絵を制作するというものでした。

前の記事にも書きましたが、デフォルメキャラを作るのに大切なことは元のキャラクターがどういうデザインをしているかを正確に把握することです。そのため、まず行ったことは参考となる資料をいくつか模写して、目と手にキャラクターのかたちを覚えさせます。その後、自分なりに上手く特徴を取り出してデフォルメ化します。

メガテン_1
練習・ラフ画の一部(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

ここまでデザインが固まってしまえば、後は好きなポーズを作って完成です。

次に、このイラストをドット絵に描き起こします。

ドット絵制作ソフトにラフ画を読み込み、これを下絵としてポチポチとドットを置いていきます。ドットの線画ができたら、色を付けて細部を作りこんで終了となります。

メガテン_立ち_01メガテン_立ち_ブログ用

ドット絵イラスト本稿(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

次に、ゲームで動かすための歩行グラフィックの制作です。これも同じようにデフォルメして、アタリをつけてドット絵にします。前横後ろがそれぞれ必要になるので、まずは基本となる立ち絵3枚を制作します。

メガテン_歩き_横_ブログ用
ドット絵イラスト本稿(※依頼主さんの許可を得て掲載しています)

次に、アニメーションさせるために、手足の位置を微妙に変えた差分を作ります。あとはこれが綺麗に動くように試行錯誤して完成です。

余談になりますが、今回キャラの動きを確認するためにEDGE2のアニメーション機能を始めて使いました。

しかし、これの使い方がまた非常に難しく、最初のうちは使い方が全くわかりませんでした。ページ機能を使ったらいきなり白紙になっちゃうし、キャプチャフレームを使ったら何故かアニメしてくれないし、キャラ制作よりもこっちに時間がかかってしまいました。

最終的には何とか理解できましたが、感覚的な操作がきかないので、EDGEにしては初心者にやさしくない機能だなと思いました。特にフレームを横一列に並べた画像(ゲームのドット絵画像でキャラがずらっと並んでいるアレです)を作って読み込むというのが、どうしても馴染めないというか、私には理解ができませんでした。

アニメのセル画作成みたいに、現在の表示レイヤを一枚一枚カメラに焼き付けて保存できるようなシステムがあれば、とてもとっつきやすくて良いと思うのですが……。

ともあれ、無事に期限内に制作できました。


○まとめ


ドット絵のアニメーションを作ったのは初めてだったので、私も良い勉強になりました。ご依頼どうもありがとうございました。

ゲームは現在制作中ということで、無事に完成してくれると嬉しいですね。

坂下ナオヒラ
【イラスト】【ドット絵】【デフォルメ】

一言メッセージも送れます。

[ 2016/07/20 18:36 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)

ワンピース ドット絵 格闘大会(コロシアム)のキャラクターたち その2

皆様こんにちは。絵師の坂下ナオです。

今回のドット絵は、コロシアム編のキャラクター寄せ集め・第2弾となります。その1では、ルフィが出場したCブロックのキャラを解説しましたが、その2では、その他A・B・Dブロックに登場した人物をまとめてみました。

キャベンディッシュレベッカリッキーハックジェットアブドーラバルトロメオエリザベローⅡ世アキリア
タンク・レパントスレイマンアギョウオオロンブスダマスクガルドアダガマ闘牛(ブルータルブル)牛はCですが。
ブルーギリー足、長っ!

○ストーリーについて

A・B・Dブロックでのコロシアムの戦いは、麦わらの一味が全く活躍しないという『ワンピース』でも珍しい場面なんですよね。その分、個性豊かなキャラクターが登場し、賑やかで楽しい回でもあります。

特に凄かったのは、何と言っても「バルトロメオ」のくだりでしょう。そのイロモノくさいデザインや行動、「メラメラの実はあの人に」といったセリフで、読者にいずれ敵になることを予感させておいて後でどんでん返しを行うという、見事なミスリード(誤解を与えておいて後で意表をつく展開)には、まんまと引っかかってしまいました。過去にも「覇気」「楽園」といった言葉の意味について壮大な複線を張っていたことがあったように『ワンピース』は複線の張り方やミスリードがとても上手いです。こういった技術はどこで身につけるのでしょうか。

また「バリバリの実」の能力もなかなか魅力的です。「どんな攻撃でもバリアで防げる」という安心感がチキンの私にとっては大変素晴らしい響きに聞こえます(いずれは破られるのでしょうが)

バルトロメオが攻撃的な性格をしていて、能力に反してバリアを守りだけでなく攻めにも使っているところが面白いですね。直接殴ったり押し潰したり。これがもし実を食べたのがウソップやバギーだったら、たぶんバリアだけ張って延々と引き篭もっているだけだったのではないでしょうか(笑)。原作で言っていた「能力は使いよう」ということでしょうね。

しかし、「指を結べばバリアを張れる」という風習は果たして全国的なものなのでしょうか。関東圏で育ってきた私にはちょっとなじみがなかったです。「ウチの地方では流行ってるよ」って人がいたら、ぜひ教えてください。


○ドット絵について

うーん。キャラクターの印象に対してドット絵の出来はどうかというと、個人的には満足できるものが少ないですね。キャベンディッシュもバルトロメオもレベッカもどことなく微妙で「作った絵としては」残念かなという思いです。

強いて満足できた絵をあげるとすれば、白を基調とした配色を鮮やかに作ることができた魚人ハック、全体的なバランスを綺麗に収めることができたタンク・レパントでしょうか。闘牛(ブルータルブル)はドット絵的なデフォルメを利かせることができたので、見た目も美しくて好きですね。また、ライオンのアギョウはまるでドラクエモンスターのドット絵を作っているようで楽しかったです(どっちも人間じゃないじゃん・汗)。

それでは、今回は以上になります。
あと、前回の記事ではキャベンディッシュについても触れるような書き方をしていましたが…。

改めて考えてみると、特に言いたいことがありませんでした。
少年漫画的に、性格の良いイケメンというのは感想に困る(爆)。


【ドット絵】
【ワンピース】
【イラスト】


一言メッセージも送れます。

[ 2015/07/06 22:36 ] ドット絵 | TB(0) | CM(0)
坂下ナオヒラおすすめの本

「どうしたら絵が上手くなるか」ではなく、自分の絵がなぜ下手なのかを論理的に解説する珍しい本。10年早く読みたかった。


人物画の定番中の定番。私の教科書。


漫画家・東村アキコ先生の自伝漫画。ガチ体育会系の本。
ロボダンを100%楽しむ本

広く浅いタイプの解説書。
これなしでロボダンは作れない。


狭く深いタイプの解説書。
イラストや作品解説が充実。


読むだけで楽しい最高の攻略本。
今でも大切な作者のバイブル。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
QRコード
QR
最新トラックバック